月別アーカイブ: 2014年3月

ログインして楽譜を作成し、知人に見てもらうまで3

知人に見てもらう方法

ミュースケは、作成した楽譜をファイルに保存する代わりに、URLに保存(*)することができます。

* 楽譜をURLに変換します。WEBブラウザでそのURLにアクセスすることで、楽譜を再現します。

そのURLをメールなどで知人に知らせることで、楽譜をWEBブラウザで見てもらうわけです。

URLに保存するには、「ファイル」メニューの「データ公開用URLを表示」を実行します。

マウスでドラッグしてURL部分をコピーしてください。

Windowsならば、「Ctrl」キー+「C」キーでコピーするか、選択範囲上で右クリックして次のようにミニメニューを表示させます。

メールでURLを送ってWEBブラウザで見てもらう

メールに貼り付けて、見てもらいたい人に送信してください。

メールを受信した人がURL部分をクリックすれば、ミュースケのビューワーが起動して、演奏することのできる楽譜が表示されます。

ログインして楽譜を作成し、知人に見てもらうまで2

楽譜を保存する

ミュースケ・クラウドにログインしたら、五線上で適当にクリックして、音符を入力してください。

※ミュースケの詳しい操作方法はこちらをご覧ください。

「ファイル」メニューの「保存」を実行して作成中の楽譜を保存します。

他のパソコンやスマホで保存した楽譜を開く

保存したときと同じGoogleアカウントでログインすれば、他のパソコンやスマホで保存した楽譜を開くことができます。

※AndroidはNexus 7(Android 4.3)で動作確認済み。

下の図は、他のパソコンでログインして、「ファイル」メニューの「開く」を実行したところです。