ショパン「別れの曲」

「再生」ボタンを押すと演奏がはじまります。

  • iPhone、iPad、Mac、Windows(Google Chromeブラウザ)、Android(4.3以降)対応。

次のリンクで楽譜だけを表示します。

 http://goo.gl/YWgUft

作曲者解説

ショパン(1810~49)はポーランドの作曲家です。

ロマン派音楽を代表するピアニスト・作曲家で、「ピアノの詩人」と呼ばれています。夜想曲やワルツなど、多くのピアノ作品を残しました。

「別れの曲」は、「12の練習曲作品10」(1829~32)の中の作品です。

編集のポイント

原曲は2/4拍子です。

最初の8分音符のように、1拍目から始まらない弱起(アウフタクト)の曲ですので、休符を入力することで対応しています。

原曲には、4~5小節目にかけて旋律の一部に、装飾音符を付けて演奏する指示がありますが、ミュースケは16分音符が最小の音符のため、装飾音符は省いています。

2声目は16分音符のフレーズのため、旋律で16分音符より長い音符は、タイを使って表現しています。