ギターのコードネームの[一般]、[簡単]の表記について

同じコードネームが併記されていて、コードネームの最後に[一般]と[簡単]という表記があるものがあります。

[簡単]の付くコードは、ギターをはじめて間もない方や、クラシックギターなどネックの幅が広かったり弦のテンションが強いタイプのギターの方のために、弾きやすいポジションを掲載したものです。

そのため、例えば5度の音を省略するなど、コードの特徴を損なわない程度の簡易形になっています。

ギターに慣れていらっしゃる方や、ミュースケなどの楽譜作成ソフト入力時の参考にされる方は、[一般]の付くコードをご覧ください。